LoRa Connect

The LoRa Connect portfolio consists of sub-GHz transceiver chips, 2.4GHz chips, dual-band chips, and reference designs including SX126x series, SX127x series, SX128x series, and LLCC68 transceiver chips, as well as reference designs for the chips. Together, they represent the essential capability of Semtech’s LoRa Connect devices including long range, low power and cost effective end-to-end communication.

主な特徴

  • 屋外で最大30マイルの長距離を実現
  • 到達が難しい屋内を深くカバー
  • 適応性の高いデータレートによる双方向通信リンク
  • 低消費電力センサーでバッテリー寿命を最大10年に延長
  • 100nAスリープモード
  • 4.6mAアクティブ受信モード
  • LoRaWAN®、IEEE 802.15.4gおよびWMBus対応
  • あらゆる動作環境で使用可能
  • Supported by the LoRa Alliance®, an open IoT alliance for Low Power Wide Area Network (LPWAN) applications
  • パブリック、セミプライベート、プライベートネットワークを世界中で利用可能

主なメリット

  • 長距離 : 密集した都市部の環境や屋内の到達が難しい場所にも対応し、地方では最大30マイル離れた場所にあるセンサーにも接続可能
  • Scalability: Easy and quick to adapt the network capacity to the business needs
  • 低消費電力 : 低消費電力設計によりバッテリー寿命を最大10年に延長
  • 標準化 : LoRaWANの仕様によりアプリケーション、IoTソリューションプロバイダーおよび通信事業者間の総合運用性を確保
  • 安全 : 組み込みのエンドツーエンドAES-128データ暗号化でプライバシーと保護を最適化
  • 低コスト : インフラストラクチャ投資、運用コストとエンドノードセンサーの3つの方法でコストを低減
  • Additional features supported by the SX128x include ranging engine, time-of-flight capability, BLE PHY layer compatibility and includes LoRa, FLRC and (G)FSK modulations
mySemtech

mySemtechにログインすると、試作や生産に役立つ製品ドキュメントにアクセスできます。

LoRa開発者リソース

以下のリンクで、LoRaに特化したサポートと追加リソースを見つけてください。

LoRaサポートケースを開く

LoRa Calculator