メインコンテンツにスキップ

LoRa®を選ぶ理由

他の革新的な技術がグローバルに普及するのに時間がかかるのとは異なり、SemtechのLoRaデバイスは今日、世界中で未来に向けた革新を起こしています。数千のユースケースが知られており(現在も増加中)、人が住んでいるすべての大陸に何十万ものデバイスが配備されているLoRaは、モノのインターネット(IoT)の潜在的可能性を実現しています。アナリスト企業であるABI Research社の予測によると、2026年までにLoRaは非携帯端末通信網である低電力広域(LPWA)ネットワーク技術のトップとなり、非携帯端末通信網のLPWA接続数の半分以上を占めるようになるとされています。

IoTの市場参入を容易にするLoRa

シンプルなGo-To-Market

SemtechのLoRaデバイスにより、イノベーターはIoTソリューションの立ち上げに伴う長年の課題を克服できます。LoRaデバイスをサポートするエコシステムは、シリコンからサービスまでのエンドツーエンドの統合を提供する包括的なものです。LoRaWAN®規格には相互運用性があり、ソリューションの拡張、バンドル、進化を可能にします。Semtechとそのエコシステムパートナーは、IoTイノベーターが製品を市場に投入し、実際のユースケースを実証するまでの道のりを簡素化し、加速させることに尽力しています。IoTやM2Mの技術者たちが交流し、学び、共有するためのオンラインフォーラムであるLoRaデベロッパーポータルは、イノベーターたちにとって最高の出発地点となっています。

なぜ企業はLoRaを選ぶのか?

「電池寿命の長いLoRaベースのワイヤレスセンサーは完璧な性能です。信じられないほど高性能です」

- コリン・アダリー
ITエンジニア、カルガリー市

「SemtechのLoRaデバイスを使用したソリューションは導入が容易で、不動産オーナーは水害を即座に予防・対策するソリューションを導入できます」

- ロバート・スペルティナ
CEO、iioote

「LoRaWAN接続により、Conserv社は大規模な配線や追加のインフラを必要とせず、屋外や屋内のアートコレクションをクラウドに接続できます」

- オースティン・センスマン
CEO、Conserv

「LoRaデバイスを見つけたとき、それは素晴らしい製品であり、無限の可能性を秘めたIoTプラットフォームのためのバックボーンを手に入れたと確信しました」

- マルタ・シエラ
共同創設者、IOTLABS

「LoRaデバイスの導入における柔軟性は、動物を接続するための重要な差異であり、大きなROIをもたらす可能性があります」

- エリック・ジャラス
CEO、itk

「奇跡です!最大10kmの距離に到達し、バッテリー寿命が10年のデバイスを持つことは、5年前には不可能でした」

- トーマス・コッホ博士
シニアエンタープライズアーキテクト、Swiss Post

LoRaWANは、高い消費電力または広帯域通信網を必要としたり、通信距離が限られていたり、あるいは屋内に到達できない携帯端末通信網やWi-Fi、BLEベースなどのネットワーク間における技術ギャップを埋める役割を果たします。

テクノロジーギャップを埋めるLoRa

LoRaは、わずかな電力で長距離のデータ通信を可能にし、IoTに革命をもたらしました。LoRaWAN規格を活用したLoRaネットワークは、広帯域や高出力を必要としたり、通信距離が限られていたり、屋内の奥まった場所に到達できなかったりする携帯端末通信網や、Wi-Fi、Bluetooth Low Energy(BLE)ネットワークにおける技術的ギャップを埋めるものです。事実、LoRaデバイスとLoRaWAN規格は、スマートシティ、家屋やビル、コミュニティ、農業、計量や公共事業、ヘルスケア、環境、サプライチェーンやロジスティクスなど、幅広い業界の地方や屋内でのユースケースに柔軟に対応します。 

LoRaワイヤレステクノロジー

5Gのギャップを埋める

5Gは、より速いスピードと接続性を実現するために設計されました。一方、LoRaを用いたIoTネットワークは、デバイスがバッテリーで作動し、現場で長期間使用する必要がある場合に適しています。LoRaWANネットワークなど、LoRaを組み込んだネットワークの通信距離は、5GのmmWaveよりも長距離の6マイル以上に達します。ビデオ通話や超低遅延が要求されるアプリケーションには5Gが最適かもしれませんが、LoRaベースのネットワークは、低消費電力、長距離通信、物理的構造物への到達能力が求められる、水道・ガスの計量や、資産管理、家庭やビルなど、様々なアプリケーションに最適です。 

マルチRANネットワークディプロメントの柔軟性

マルチRANディプロメント

Wi-Fiと同様に、LoRaベースのネットワークは免許不要帯域で動作し、屋内での使用に対応しています。また、携帯端末通信網と同様に、LoRaデバイスとネットワークは、エンドデバイスからアプリケーションサーバーまで高いセキュリティを備えており、屋外での使用に適しています。LoRaデバイスやLoRaWANなどのネットワークは、Wi-Fiと携帯端末通信網の利点を組み合わせたものです。屋内外を問わず、公共、プライベート、ハイブリッドネットワークに設置されたIoTアプリケーションに最適な、効率的で柔軟かつ経済的な接続ソリューションを提供します。シンプルなセンサーデータは、人工知能や機械学習などの分析プラットフォームを促進します。 

お近くのネットワーク状況

柔軟なネットワークディプロメントの選択肢

LoRaデバイスは、免許不要帯域を使用したオープンプラットフォームであるため、様々なビジネスモデルに柔軟に対応できます。ネットワークは、企業の安全な利用のためにプライベートに導入することもできます。また、Alibaba CloudやAmerican Tower Corporation、eleven-x、Everynet、KPN、MachineQ (Comcast)、Minol-ZENNER Group、NNNCo、NTT西日本、Orange、Senet、SK Telecom、Tata、Tencent Cloud、The Things Networkなどの公共のLoRaWANネットワーク事業者から提供を受けることもできます。ゲートウェイ設置に暗号通貨で報酬を与えるものや、ブロックチェーンをベースにしたものなど、革新的なネットワーク展開モデルが、HeliumやNestenなどの企業から登場しています。さらに、Amazon SidewalkのようなLoRaをベースにした独自のネットワークの導入をお客様が希望する場合もあります。

成長を続けるLoRaエコシステムには、ネットワークオペレーター、ハードウェアメーカー、ソフトウェアデザイナー、サービスプロバイダー、大学、業界団体などが含まれ、デバイス、ネットワーク、アプリケーションの構築と実現に重要な役割を果たしています。

急速に拡大するエコシステム

LoRaを支えるエコシステムには、ネットワークオペレーター、ハードウェアメーカー、ソフトウェアデザイナー、サービスプロバイダー、大学、業界団体などが包括的に含まれており、デバイス、ネットワーク、アプリケーションの創造と実現に重要な役割を果たしています。エコシステムは継続的に成長しており、LoRaデバイスやLoRaWAN規格の普及に伴い、驚異的なスピードで成長を続けています。

テクニカルリソース

なぜLoRaがIoTの現実的なワイヤレスプラットフォームなのか、詳しくはこちらをご覧ください。 

次の10億のIoTデバイスに接続するLoRaWANと5G このABI Researchのホワイトペーパーでは、未来の5Gネットワーク接続規格に関する最新情報と、Orange、MultiTech、JRI、Chevron、ErcogenerがマルチRANアーキテクチャを使用しているIoTアプリケーションについて詳しく説明しています。
次の10億のIoTデバイスに接続するLoRaWAN&マルチRANアーキテクチャ
ホワイトペーパーのダウンロード »
究極のIoTネットワーク比較インフォグラフィック 上位6位のモノのインターネット(IoT)テクノロジー「LoRa/LoRaWAN」「NB-IoT」「Zigbee」「Wi-Fi」「Bluetooth Low Energy(BLE)」「5G」を詳細比較します。貴社のアプリケーションに最適なIoTネットワークは?
究極のIoTネットワーク比較
インフォグラフィックのダウンロード »
「LoRaWANとNB-IoTで知っておくべき10のこと」インフォグラフィック 貴社のアプリケーションに最適なワイヤレスネットワークソリューションはどれでしょうか?この便利なインフォグラフィックでは、低消費電力ワイド・エリア・ネットワーク(LPWAN)ソリューションの仕様を並べて比較することができます。
LoRaWAN&NB-IoTで知っておくべき10のこと
インフォグラフィックのダウンロード »
IoTのセンサー設計をLoRaWANに移行する LoRaAllianceが提供するLoRaWANオープンスタンダードは、長距離、低消費電力のセンサーを世界中のゲートウェイに接続できるようにしています。
IoTセンサー設計をLoRaWANに移行する
ホワイトペーパーのダウンロード »
ホワイトペーパー『スマートシティ環境でLoRaWANの能力を試験』 MachineQ™とSemtechが共同で実施した調査により、密集した都市環境でLoRaを本格ディプロメントすることにより、その効果は期待を上回り、一日あたりの予想パケット数を超える処理が可能であることが明らかになりました。
密集した都市環境でのLoRaWANキャパシティの実験
ホワイトペーパーのダウンロード »
スマートユーティリティーアプリケーションのためのLoRaWANネットワーク容量に関するホワイトペーパー ドイツでは、LoRaを搭載した1万台の電力メーターのネットワークが展開され、センサーやゲートウェイの効率性やデータ容量の検証が行われました。
電力計量アプリケーションで発揮されるLoRaWANネットワーク能力の実例
ホワイトペーパーのダウンロード »