メインコンテンツにスキップ

データセンター&ワイヤレステクノロジー

クラウドサービス、IoT、増え続けるブロードバンドへの需要により、大規模データセンターや無線事業者は200Gや400Gへの移行を大々的に進めています。また、データセンター機器を接続するための重要な構成要素である光モジュールでも、高密度化、低消費電力化、低レイテンシー化など、これらの帯域需要に対応するための進化が求められています。

Tri-Edgeとは?

Tri-Edgeは、SemtechのClearEdge®NRZベースのCDRプラットフォームの成功の上に構築されています。SemtechのClearEdge CDRは、10G、25G、100Gアプリケーションで広く使用され、優れたレシーバー感度、クラス最高の出力ジッタ、ジッタ耐性を備えた、最小消費電力、最小フットプリントのソリューションを提供しています。Tri-Edgeは、アナログベースのPAM4 CDRプラットフォームで、次のような光ファイバーの相互接続向けに最適化されています。

  • 次世代の200Gおよび400Gデータセンター&アクティブ光ケーブル(AOC)アプリケーション
  • 5Gワイヤレスのフロントホールとミッドホール
  • マルチモードとシングルモードのアプリケーションをサポートする技術

Tri-Edgeは、最長100メートルのマルチモードファイバーリンクや最長10キロメートルのシングルモードファイバーリンクで低消費電力、低レイテンシ、低コストを実現しています。このチップセットは、200G-SR4 Open Eye MSA規格に完全に準拠しています。

Open Eye MSAについて

Open Eye MSAの創設メンバーであるSemtechは、データセンター市場でアナログPAM4ベースのソリューションを実現するための道を切り開き、包括的なアナログPAM4エコシステムを構築しています。Open Eye MSAは、50Gbps、100Gbps、200Gbps、そして最大400Gbpsのシングルモードおよびマルチモードファイバーを使用したPAM4光データセンター相互接続の普及を加速することを目指し、既存のデジタル信号処理(DSP)アーキテクチャだけではなく、既存規格を拡張して、複雑さが少なく、低コスト、低消費電力で最適化されたアナログCDRベースのアーキテクチャを使用して、光モジュールの実装を可能にすることを使命として掲げています。