メインコンテンツにスキップ
アプリケーションの画像

BlueRiverアプリケーション

Semtechの受賞歴のあるBlueRiverプラットフォームにより、プロAV機器メーカーはSDVoE™に対応した包括的な製品ラインを作ることができます。これは、AV配信や処理アプリケーション環境に必要なすべての機能を、ソフトウェア定義のアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を用いて1つのチップに統合する唯一の技術です。BlueRiverプラットフォームは、単一のプログラマブルなシステムオンチップ(SoC)を提供します。これを用いて、従来のAV/KVMエクステンダー、マトリックススイッチャー、ビデオウォールコントローラー、ウィンドウプロセッサーを、トランスミッターとレシーバー、そして市販のイーサネットスイッチで構成されるシンプルなネットワークに置き換えることができます。 

プロ用AVアプリケーション

超高解像度/高解像度ディスプレイ技術の進歩は、商業環境でのコミュニケーション、放送、交流、コラボレーション、広告などで使用されるプロAV機器のあり方を変えつつあります。BlueRiverは、AVマトリックススイッチングとAV-over-IPの両方に対応した世界で唯一のAV処理プラットフォームです。

マトリックススイッチからの切り替え

SDVoE network architectures are based on off-the-shelf Ethernet switches, providing substantial cost savings and greater system flexibility and scalability over traditional point-to-point extension and circuit-switched based AV matrix switching. Watch a demonstration video on the SDVoE Alliance® website.

KVMスイッチ

BlueRiver SDVoE製品は、480Mbps全帯域幅でUSB2.0をフルサポートしています。洗練されたKVMアプリケーションは、キーボードとマウス、タッチスクリーン、セキュリティカードリーダーなどを使用するワークステーションに展開できます。毎秒10ギガビットのネットワーク帯域幅で、あらゆるUSBアプリケーションに容易に対応できます。

マルチビューア

従来のマルチビュープロセッサーでは、複数のフィードを受信してスケーリングするために、非常に広い帯域幅を持つ、高価かつ特殊なセントラルビデオプロセッサーが必要でした。BlueRiverは、複数のエンドポイントに分散して処理を行うことができるため、1つのデバイスに高価なビデオプロセッサーの機能をすべて持たせる必要がありません。スケーラビリティがあり、正確な数の入出力を備えたカスタムメイドのマルチビューワーを簡単に作ることができます。

ビデオウォール

BlueRiverの高度な処理エンジンでは、拡大、クロップ、伸縮など、パワフルな画像操作ができるため、これらを使って、任意の大きさや形のビデオウォールを作ることが可能です。もう1つの利点は、SDVoE対応の受信機が、すべてのビデオウォール出力が完全に同期するように設計されていることです。その結果、追加費用なしで簡単に導入でき、完全に統合されたビデオウォールを実現します。

BlueRiverのメリット

BlueRiverはプロAVのこれまでのあり方を変えるテクノロジーで、高解像度のオーディオやビジュアル信号を新たな方法で配信するため、幅広い業界で採用されています。SDVoEテクノロジーは、ピクセルパーフェクト、ゼロレイテンシーのAV-over-IPを実現するためのこれまでの試みの限界を克服し、実感できる利益をエンドユーザーにもたらします。

コスト削減
イーサネットスイッチでは、カスタムAVスイッチと比較して、1ポートあたりのコストを最大90%削減できます。
I/Oの柔軟性向上
イーサネットポートは完全双方向技術で、すべてのポートはAV入力または出力で使用できます。
ビルトインのスケーラビリティと将来性の確保
高帯域のアップリンクで簡単に容量を拡張でき、I/O数が増えてもシステムを交換する必要はありません
比類なきI/O密度
イーサネットスイッチでは、1Uのラックスペースに48ポート以上を備えています。カスタムAVスイッチは4倍ものスペースを必要とします
共有インフラストラクチャ
SDVoE技術により、データトラフィック用にフルギガビットのチャネルを確保し、ボトルネックが起きないようにします。
LoRa大容量
豊富な制御ソフトウェア
数十年にわたるLANの監視・制御に関する研究開発実績をAVスイッチングに活用しています